酒井俊 × 太田恵資 DUOツアー
c0156143_11344826.jpg


■日時:2009年12月5日(土)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
 http://www.geocities.jp/shioyag

■共催:塩屋音楽会




酒井俊(歌)
1976 年、伝説のJAZZ CLUB「ミスティー」でジャズ・ヴォーカリストとしてデビューしセンセーショナルな反響を呼ぶ。翌年レコードデビューするが、3年弱の活動を経て渡米し、歌手活動を休止する。その間に坂本龍一等との録音を含む、3枚のアルバムを残す。2年間のマンハッタンでの生活の後、帰国して結婚・出産・子育てと、歌いたいという思いとは無縁の充実した時間を過ごす。しかし、子供が小学校に入る頃には再びステージに立つ決意をし、「愛燦燦」と「買物ブギ」の2曲の日本語の歌をレパートリーに入れて復帰後のライブから歌う。今では日本語の歌をジャズのライブハウスで歌うことは一般化しているが、当時は想像以上の困難を伴いながら歌い続けていた。それ以降もスタンダードを中心に、ジャンルを問わず自身の思いに忠実に歌いたい歌を歌い続け、阪神大震災の後に生まれた「満月の夕」と運命的な出会いを果たす。この「満月の夕」を歌い始めたときも周囲の風当たりは強く、一部では同じように歌い始めていた童謡と同じように色物として受け取られさえもした。しかし、その後何年にも渡って毎夜毎夜歌い続け聴衆とともに「歌」を育んできた結果、2003年には「満月の夕」が第45回日本レコード大賞企画賞を受賞するに至り、数回に渡るNHKテレビへの出演や連続ドラマへの挿入歌の提供等、メディアを通じても新たな聴衆を獲得してきた。同時に、2004年辺りからそれまでの活動を見直し、新たな音楽と歌の可能性模索しながら従来の音楽のあり方から大幅に変化すべく、即興演奏や民族音楽の影響や古いトラディショナルへの傾倒を反映しつつ、音楽シーンを形成する豪腕演奏家たちと終わりのない共同作業へと移行している。これまで以上にジャンルの枠から自由になり、現在は“酒井俊の歌”としか呼べないような歌へと変貌を遂げる過程にある。その結果、都内近郊では音楽を聴き漁っている耳の肥えた聴衆に対しても強く訴求するようになり、以前から老若男女問わず受け入れられていた歌が、子供からお年寄りまで音楽を普段聞かないような方々にますます強力にアピールする歌へと変遷している。地方や普段ライブの行われないような場所で地域住民を前にして歌った後の客席の号泣と熱狂がすべてを物語っている。本人は、これからも呼ばれるがままに場所を問わず、全国どこへでも足を運び、歌い続けていく所存である。

太田惠資(ヴァイオリン)
56年熊本生まれ。5歳からヴァイオリンを始める。83年上京し、作編曲家として出発。これまでにCM、映画、演劇、ファッションショー等の音楽を数多く手掛け、ヴァイオリンでのジャズ、民族音楽の即興演奏を得意とする。スタジオやライブではあらゆるジャンルをこなす貴重な存在で、映画・映像など様々なアーティストやタレントの作品に参加すると共に、その特異な風貌からパフォーマンス・アーティストとして舞台に立つこともある。「MASARA」、「渋さ知らズ」、「シカラムータ」、「黒田京 子トリオ」を始め所属するグループ、バンドは実に20にも及ぶ。
[PR]
# by shioyagu | 2009-12-05 19:30 | 塩屋音楽会
手作りアロマクラフト教室 matie(12月)
c0156143_11501866.jpg


初めての方でも簡単に、お好きな香りで楽しめるアロマクラフトを、毎月1回(第1木曜日)開催しています。メニューは月替わりなのでお好きな内容の時に気軽に参加していただけます。

第14回 『クリスマスの香りの練り香水をつくりましょ♪』

ヨーロッパでクリスマスの香りとされるオレンジの精油などを使って練り香水を作ります。練り香水とは直接お肌に塗っても安心な自然素材をベースに作るクリームのような香水で携帯にも便利です。やさしくふんわり体温と共に香りますよ! もちろんお好きな香りで作られてもOKです。クリスマスプレゼントにもいいかも♪

■日時:2009年12月3日(木)11:00〜12:00(約1時間) 
■費用:2,500円(材料費込・お茶付)
■講師:手作りアロマクラフト教室 matie主宰
    AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

■お問合せ・ご予約:手作りアロマクラフト教室matie
 Tel: 090-4904-2309
 E-mail:aroma@matie-craft.net
 http://matie-craft.net

■場所に関するお問合せ:旧グッゲンハイム邸事務局
 〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3-5-17
 TEL:078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail:guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag/
[PR]
# by shioyagu | 2009-12-03 11:00 | 教室
早川義夫+佐久間正英LIVE フィードバックは身体を通せ
c0156143_14514546.jpg

c0156143_1452854.jpg


「フィードバックは身体を通せ」とは、 音はただ出せばいいというのではなく、いったん身体を通さなければ、血の通った音にはならないんだという意味。音楽とは何か、生きるとは何か、私は何者なのかを鏡に映し出す、早川義夫(Vo / Pf)と佐久間正英(G)による白熱のライブ。

■日時:2009年12月1日(火)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約・当日ともに ¥3,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。

■共催:塩屋音楽会




早川義夫(はやかわ・よしお) 
1960年代後半ジャックスでデビュー、1969年解散後引退、書店主になる。1994年活動再開、その後多くのアルバムを発表。近年は、佐久間正英とともに、一昨年亡くなったバイオリニストHONZIに捧ぐアルバム「I LOVE HONZI」をリリース。http://www15.ocn.ne.jp/~h440/

佐久間正英(さくま・まさひで) 
四人囃子やプラスティックスで活躍。その後はプロデューサーとして、JUDY AND MARY、エレファントカシマシ、GLAY、黒夢、くるり、175R・・・など、数多くのアーティストをプロデュースする。http://masahidesakuma.net/
[PR]
# by shioyagu | 2009-12-01 19:30 | 塩屋音楽会
旧グッゲンハイム邸 塩屋音楽会共催企画(2009.12)
c0156143_11305888.jpg


神戸の西のはずれの海辺の洋館のちょっとかわった音楽会。
師匠も走る。師走!

1 (火)早川義夫×佐久間正英LIVE フィードバックは身体を通せ
open 19:00 start 19:30 / 予約・当日共に¥3,500

音はただ出せばいいというのではなく、いったん身体を通さなければ、血の通った音にはならない。音楽とは何か、生きるとは何か、私は何者なのかを鏡に映し出す。伝説のジャックス、69年早過ぎる引退、94年活動再開、鋭い歌を歌い続ける早川義夫(Vo / Pf)と、四人囃子/プラスティックスを経て、J-POP屈指のプロデューサー佐久間正英(G)による白熱のライブ。

5(土)酒井俊 × 太田恵資 DUOツアー
open 19:00 start 19:30 / 予約¥2,000 当日¥2,500

ジャズ、童謡、民族音楽、即興そして「満月の夕」。新たな音楽と歌の可能性を飲み込んだ“酒井俊の歌”。

7(月)FULL BLAST! Japan Tour 2009
open 19:00 start 20:00 / 予約¥3,000 当日¥3,500
出演:Peter Broetzman (reeds) Marino Pliakas (e.bass) Michael Wertmueller (drs)

スイスの超絶技巧ミュージシャン、マリーノ・プリアカスとミヒャエル・ヴェルトミューラーが欧州フリー・ジャズ・シーンの重鎮ペーター・ブロッツマンと結成したフル・ブラストが初来日。前衛ジャズ系ミュージシャンとの共演が多いブロッツマンだが、フル・ブラストのスイス勢は異色であり、彼の最もエキサイティングな面を引き出せるリズム隊と言っても過言ではない。Last Exitを彷彿とさせる爆音系インプロ。

11(金)オールタイチpresents イーヴンシュタイナー vol.3 The Long Lost Japan tour
open 18:30 start 19:00 / 予約¥3,000 当日¥3,300
出演:The Long Lost (DAEDELUS / Ninja tune ...from Los Angels) / 辻村友晴 (from キセル) イトケン (d.v.d) / DJ Frosty (dublab) / YTAMO

LAの奇才電子音楽家DAEDELUS(デイデラス)率いる、夫婦プロジェクトThe Long Lost来神!共演は東京よりd.v.dなど様々なユニットで活躍するイトケン、奇跡の兄弟デュオ キセルより辻村友晴のソロ!そして、ウリチパン郡のYTAMO。さらにDJに、LAの気鋭のラジオdublabよりDJ Frosty!

22(火)冬至 トークイベント「とある二都物語 モダニズム詩の光と影」
open 16:00 start 16:53 (end 20:00) / 予約¥2,000 当日¥2,500

山上の蜘蛛、あるいは、ボン書店の幻。
戦争前夜のふたつの都市の片隅に舞い降りて消えていった言葉の断片。
対話-季村敏夫×内堀弘 司会-北村知之
音楽-かえる属(細馬宏通 中尾勘二) にしもとひろこ(from たゆたう)
カフェーyugue
[PR]
# by shioyagu | 2009-12-01 00:00 | 塩屋音楽会
ミン・シャオフェン / 田中悠美子 / カール・ストーン TRIO
c0156143_1555843.jpg


NY在住の中国人琵琶(ピパ)奏者ミン・シャオフェンと、義太夫三味線奏者の田中悠美子。伝統楽器を操りつつ、その枠を大きく超えて世界的に活躍する2人に、現代コンピューター音楽の先駆者であるカール・ストーンを加えたスペシャル・トリオによる日本ツアー。ストーンがこのトリオの為に作曲したインタラクティヴ・ピース“LAUBURU”の日本初演をはじめ、ミンとストーンのデュオ・プロジェクト“ACID KARAOKE”、ソロ/デュオ/トリオによるインプロヴィゼーションなど、多彩なプログラムをお届けします。

■日時:2009年11月28日(土)open 19:00 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。

■共催:塩屋音楽会





c0156143_15443112.jpgミン・シャオフェン (閔小芬/Min Xiao-Fen):琵琶(pipa), vocal
二千年を超える中国琵琶音楽の伝統を継承し、現代に新たな可能性を切り開く驚異的ソロ・パフォーマー。琵琶奏者であった父に師事、中国の琵琶演奏全国大会などで優勝し、中国随一の名手として政府が主催するワールド・ツアーに参加。上海シンフォニーや南京ナショナル・ミュージック・オーケストラなどのメンバーとして活動した後、1992年にニューヨークに渡り、ブルックリン・フィル、NYシティ・オペラ、NYニューミュージック・コンソート、サンフランシスコ・オペラ・シンフォニー、シカゴ・コンテンポラリー・プレイヤーズ、サンディエゴ・シンフォニーなど多数のアンサンブルに参加。一方で、デレク・ベイリー、ジョン・ゾーン、ネッド・ローゼンバーグ、ランディ・ウェストン、マーク・ドレッサー、スーシー・イバーラ、ジョージ・ルイス、ワダダ・レオ・スミスなどのインプロヴァイザーやジャズ・ミュージシャンとも共演、フィリップ・グラスのチェンバー・オペラ “The Sound of a Voice”、“Hotel of Dreams”への出演など、多方面で活躍している。96年にリリースされた彼女の作品『The Moon Rising』は、BBC Music Magazine誌によりその年のベストCDに選ばれている。


c0156143_15444915.jpg田中悠美子 (たなか・ゆみこ):太棹三味線, vocal
東京芸術大学音楽学部楽理科、同大学院で音楽学を専攻。在学中、義太夫三味線の音色に惹かれ、文楽の人間国宝、故・野澤錦糸に義太夫三味線を、女流義太夫の人間国宝、竹本駒之助に義太夫節の語りを師事。鶴澤悠美の名前で17年間女流義太夫の三味線弾きとして活動し、1990年度芸術選奨文部大臣新人賞(音楽部門)受賞。現在、現代音楽作品の演奏、ニューミュージックのフィールドにおける即興演奏、音楽劇におけるパフォーマンス、ダンスとのコラボレーション、コントアーティストとの共演など、実験的な表現活動を通して三味線や日本の声の可能性を検証中。ドイツの作曲家ハイナー・ゲッベルス演出による音楽劇 “Hashirigaki”の世界ツアー(2000~08)におけるパフォーマンスは、The GuardianやNew York Times誌で好評を得た。また04年、ニューヨークの人形アーティスト、バジル・ツイストが制作した舞台作品”“Dogugaeshi”では音楽構成および演奏を行い,同作品は多数の賞を受賞。04年春、ソロCD『tayutauta』をリリース。09年に義太夫節保存会会員として重要無形文化財総合認定者となる。


c0156143_15461230.jpgカール・ストーン (Carl Stone):laptop, composition
現在のコンピューターミュージックの先駆者の一人であり、Village Voice誌は「サンプリングの王者」「現在のアメリカで最も優れた作曲家の一人」と賞賛している。ロサンジェルス生まれ、現在は米国と日本を拠点に活躍している。カリフォルニア芸術大学で、モートン・スボトニックとジェームス・テニーに師事し、 1972年からエレクトロアコースティックミュージックの作曲を始めて頭角を顕し、86年からライヴパフォーマンスでコンピューターを使用している。その作品は、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米、北東アフリカなどで演奏されている。演奏活動の他に作曲も行い、現在は中京大学情報理工学科部の教授も務めている。
[PR]
# by shioyagu | 2009-11-28 19:30 | 塩屋音楽会