<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Meeting Point vol.6
c0156143_17561626.jpg


フリーペーパーを作ったり、新宿で廃校フェスを行って来たDig upが、
東京や直島(香川)で行って来たイベントの6回目です。
関西のアーティストやカフェを中心に、東京からアーティストまで
色んなところの方が集合します。
のんびり、ゆったり楽しみましょ〜♪


■日時:2009年7月25日(土)open 12:00 start 12:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,500 当日 ¥3,000
■予約・問い合わせ:shinya_qh31@yahoo.co.jp(Dig up 長谷川)

■LIVEタイムテーブル■■■■■■■■■■

<1F> 
12:30〜 ちんぷんかんぷん
13:50〜 catsup
15:20〜 桜井まみ
17:00〜 キツネの嫁入り
19:10〜 middle9

<2F>
13:10〜 musika-nt
14:40〜とうめいロボ
16:00〜 ゆーきゃん
17:50〜 島津田四郎

<庭>
16:30〜 貝つぶ
18:40〜 ぺ・ド・グ


■出演者■■■■■■■■■■

■LIVE
middle9 / catsup / とうめいロボ / ゆーきゃん / キツネの嫁入り / 桜井まみ / 貝つぶ / ぺ・ド・グ / musika-nt / ちんぷんかんぷん / 島津田四郎

■展示
長谷川信也 / 森澤あやこ / 烏山絵美 / piyo*kinoco / ヤハシトネコ / 乾真徳 / じょんた

■アートマーケット
SAWA / MUSUCARI BREEZE / tot-ziens / ヤハシとネコ / 大西康世 / 暢気文庫

■食事
BONBON CAFE GALLERY / cafe SALLOW / LUCY

※駐車場がありませんので、お車での来場はご遠慮ください。
[PR]
by shioyagu | 2009-07-25 12:30 | イベント
Gianni Gebbia, Daniele Camarda, 石橋英子, 千住宗臣
c0156143_16403643.jpg


c0156143_1640476.jpg


2009年3月、石橋英子単独イタリアツアーの際、ともにイタリア全土を回ったSAX奏者Gianni Gebbiaとbass奏者Daniele Camarda。3人は現地でレコーディングもおこなう。今回はこのレコードとともに二人が来日、さらに関西公演では千住宗臣(dr)をゲストに向かえ、セッションを行う。従来型の即興ではない、新しい次元の即興を是非その耳で体験してください!!!


■日時:2009年7月18日(土)19:00 open 19:30 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約/当日ともに ¥2,000

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

■主催:千住宗臣
■共催:塩屋音楽会


■出演者■■■■■■■■■■

Gianni Gebbia (sax)
1961年、シシリー島パレルモ生まれ。循環呼吸奏法、マルチフォニック奏法を駆使した無伴奏ソロから、故ペーター・コヴァルト(b)、ギュンター・ゾマー(ds)とのトリオ、歌手を含むグループTerraArsaなど幅広い活動を続けてきた。1990年には、イタリア『MusicaJazz』誌の批評家投票において最優秀賞を受賞した。またパレルモでは長年に渡って、即興音楽のフェスティバル、CurvaMinoreをオーガナイズしている。共演者は、エヴァン・パーカー、フレッド・フリス、リンゼイ・クーパー、吉沢元治、翠川敬基、大友良英、デビッド・モス、ヘンリー・カイザー、ジム・オルーク、ノエル・アクショテ、オリバー・レイク等多数。「彼は素晴らしいテクニックを持っていて、さまざまなリード楽器、特殊なマウスピースを使い、サックスで種々の倍音を吹き出す。彼の演奏は、サックスの全ての歴史に行き渡る:アップテンポのビバップフレーズ、クールスタイル、おかしなサウンドが、彼の楽器から、クリアーに、いともたやすく出てくるのだ。」http://www.last.fm/music/Gianni+Gebbia http://www.myspace.com/giannigebbia http://giannigebbia.blogspot.com

Daniele Camarda(bass, voice)
イタリア、シシリア島、メッシナ生まれ。ボストンの Berklee College of Music を卒業。「リュート」とミックスした自作の6弦ベースなどを用い、単なるベーシストとしてはくくりきれない、多彩な音色やフレーズを確かなテクニックで生み出す音楽家である。ヨーロッパ、アメリカ、南米諸国、インド、南アフリカ、中東地域などで精力的に演奏活動する傍ら、ソロワークスやジャンニ・ジェビアとのデュオ作品、また、サポートミュージシャンとして数々のレコーディングに携わっている。主な共演者は、Ferenc Nemeth, Lionel Loueke, Emanuele De Raymondi, Gianni Gebbia, Chris Cheek, Bob Moses, John Abercrombie, Dave Samuels, George Russell, Vardan Ovsepian, Keith Carlock, Daniel Zamir, Jojo Mayer, Fernando Isella 等多数。http://www.myspace.com/dcamarda

c0156143_16431736.jpg石橋英子(いしばし・えいこ)
茂原市出身の音楽家。シンガー・ソングライターであり、数々のミュージシャンとのセッションにも参加。ピアノとドラムを主体に、時々フルート、ヴィブラフォン等も演奏する。http://www.eikoishibashi.com/

c0156143_16411083.jpg千住宗臣(せんじゅ・むねおみ)
2006年よりBOREDOMS a.k.a V∞REDOMSに加入。2008年6月脱退。また山本精一率いるPARAや、ウリチパン郡、渡辺琢磨・内橋和久とともにCOMBOPIANOのメンバーとしても活躍中。そのほか、UA、高橋幸宏、原田郁子、七尾旅人、石橋英子、sighboat(内田也哉子、鈴木正人、渡辺琢磨)などの、ライブやレコーディングに参加。若手を代表するドラマーとして多岐にわたり活躍している。http://muneomisenju.com/
[PR]
by shioyagu | 2009-07-18 19:30 | 塩屋音楽会
今月の見学会:2009年7月
c0156143_17344886.jpg


月に一度の旧グッゲンハイム邸見学会。2009年7月は、第三木曜日、7月16日に行います。予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください。

■日時:2009年7月16日(木)13:00〜16:00(随時)
■料金:無料(予約不要)
■お問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 〒655-0872 兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
 TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail: guggenheim2007@gmail.com
 URL: http://www.geocities.jp/shioyag/
[PR]
by shioyagu | 2009-07-16 13:00 | 見学会
Klang Tanz vol.1 音と身体のセッション


Aki Takase (p)

Louis Sclavis (bcl, cl, sax)

Toshiko Oka (dance)



■日時:2009年7月8日(水)open 18:30 start 19:30
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,500 当日 ¥3,000 ユース ¥2,000(前売当日共/26歳以下)

■予約・問い合わせ:
 アンサンブル・ゾネ
 TEL : 078-411-2837 FAX : 078-411-2870
 E-mail : sonne@a-net.email.ne.jp
 http://www.eonet.ne.jp/~ensemblesonne
 旧グッゲンハイム邸
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

■主催・制作:アンサンブル・ゾネ
 共催:ドイツ文化センター・大阪 塩屋音楽会
 協力:大阪日仏センター=アリアンス・フランセーズ

■出演者■■■■■■■■■■

c0156143_16223777.jpg
photo: R.Cifarelli

ルイ・スクラヴィス (クラリネット、サックス奏者、作曲家)
フランス・リヨン在住。演奏活動とともにダンス作品や映画に音楽を提供するなど、幅広い活動で知られるヨーロッパ屈指のアーティスト。1988年フランスジャズ界最高の栄誉とされるジャンゴ・ラインハルト賞、1989年ブリティッシュ・ジャズ・アウォードにおける最優秀外国人アーティスト賞を受賞、「ジャンゴ・ドール'93」ではアルバムが年間国内最優秀ジャズディスクに選出、1996年フランス文化省より「グランプリ・ナショナル・ド・ラ・ミュージック」が授与された。近年はアルド・ロマーノ、アンリ・テキシェとのトリオ、”ナポリの壁”他で高く評価され、ヨーロッパを中心に活躍。1990年、1994年、1999年に自身のバンドで来日し好評を得る。2005年には東京・多摩市で開催されたクラリネット・フェスティヴァルでミッシェル・ポルタルと共演。7月1日にクインテットによる新譜『ロスト・オン・ザ・ウェイ』 (ユニバーサル)が発売される予定。

c0156143_16182998.jpg
photo: 阿波根治

高瀬アキ (ピアニスト、作編曲家)
ドイツ・ベルリン在住。四半期ごとに出されるドイツ批評家レコード賞(ジャズ部門)を7回、1999年ベルリン新聞文化批評家賞、SWRラジオ局2002年度最優秀音楽家賞、2004年度ドイツ批評家賞ジャズ部門年間ベスト・レコード賞を『プレイズ・ファッツ・ウォーラー』で受賞。現在主要プロジェクトとして、グループ“アキ・プレイズ・ファッツ・ウォーラー”、“アキ・アンド・ザ・グッド・ボーイズ”、デュオではアレクサンダー・フォン・シュリペンバッハ、ルディ・マハール、ジルケ・エバーハルド、ルイ・スクラヴィスの他、ドイツ在住の作家多和田葉子とも公演を行っている。「アメリカの秋吉敏子、ヨーロッパの高瀬アキ」と並び称せられ海外で活躍し、国際的評価を受けている数少ない音楽家である。最新作は『Iron Wedding』、 『Evergreen』。7月にはルイ・スクラヴィスとのデュオ『YOKOHAMA』(Intakt)が日本先行発売される予定。

c0156143_1619229.jpg
photo: 阿波根治

岡登志子 (振付家、ダンサー アンサンブル・ゾネ主宰 神戸出身)
ドイツFolkwang芸術大学舞踊科卒業後、1993年アンサンブル・ゾネを設立。振付家として国内外で舞台作品を発表している。1996、1998、2004年旧バニョレ国際振付賞日本プラットフォーム最終選考に選出。ドイツエマリッヒPAN 美術館、愛知県美術館、国立国際美術館、芦屋市立美術博物館等で即興ライブを行っている。音楽家高瀬アキ、内橋和久、照明家岩村原太他様々なジャンルのアーティストと即興パフォーマンスを継続的に行い、ワークショップの講師も務める。2010年2月(神戸)3月(東京)にて新作振付作品『Fleeting Light−つかの間の光−』上演予定。
[PR]
by shioyagu | 2009-07-08 19:30 | 塩屋音楽会
カルメンマキ40周年〈ペルソナ=仮面〉ツアー
c0156143_1158733.jpg


瞬きひとつで10年が過ぎ、瞬き四つが川のように流れて道ができた。
1969年、17歳の少女が「時には母のない子のように」で鮮烈デヴューした。
40周年の今、原点に立ち返り「ペルソナ(仮面)」を剥ぐ!!

異能の歌人であり詩人だった寺山修司に
「戦争は知らない」という幾多の人に歌い継がれた佳曲がある。
原曲を歌って四十年を経たカルメン・マキが、
今原点に返って新たに旅立つ!!

■日時:2009年7月4日(土)open 18:30 start 19:00
    2009年7月5日(日)open 18:30 start 19:00
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥4,300 当日 ¥4,800

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 ※ ご予約送信の際に、ご希望の鑑賞日、お名前、電話番号、枚数を明記下さい。
 http://www.geocities.jp/shioyag

■企画制作・総合問合先::ビグトリィ
 Tel:03-3419-6261 / Fax:03-3419-6848
 E-mail:bigtory@mba.ocn.ne.jp
 http://www21.ocn.ne.jp/~bigtory/
■共催:塩屋音楽会

■出演者■■■■■■■■■■

カルメン・マキ(ヴォーカル)
69年寺山修司作詞の『時には母のない子のように』で鮮烈な歌手デビュー。その後、 伝説の「カルメン・マキ&OZ」、「カルメン・マキ&LAFF」、「Salamandre」等のバ ンド活動やソロ活動を通じ、女性フォーク・ロックシンガーの第一人者として活躍。近 年では多彩なミュージシャンとのコラボレーションを次々と展開し、ロックからアコ ースティックまて、そのパワフルな歌声は多くの人を魅了し続けている。板橋文夫 (p)、太田恵資(vn)とのライブアルバムが07年にリリースされ話題を呼ぶ。今年デ ビュー40周年を飾るニューアルバム『ペルソナ』(ジパングレーベル)が7月にリリ ースされる。

黒田京子(ピアノ)
東京生まれ。80年代後半、自ら主宰したワークショップ「オルト」では、ブレヒト・ ソングを素材に、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャ ンル的な場作りを行う。90年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗 読の音楽を長期に渡って務める他、無声映画への音楽提供、ジャズ講座の講師を担当 するなどその活動の幅は大変広い。04年からは太田惠資(vn)、翠川敬基(vc)と 「黒田京子トリオ」の活動を始め、近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行ってい る。06年オルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。

太田惠資(ヴァイオリン)
56年熊本生まれ。5歳からヴァイオリンを始める。83年上京し、作編曲家として出 発。これまでにCM、映画、演劇、ファッションショー等の音楽を数多く手掛け、ヴァ イオリンでのジャズ、民族音楽の即興演奏を得意とする。スタジオやライブではあら ゆるジャンルをこなす貴重な存在で、映画・映像など様々なアーティストやタレント の作品に参加すると共に、その特異な風貌からパフォーマンス・アーティストとして 舞台に立つこともある。「MASARA」、「渋さ知らズ」、「シカラムータ」、「黒田京 子トリオ」を始め所属するグループ、バンドは実に20にも及ぶ。


40周年記念Newアルバム
カルメン・マキ『ペルソナ』
2009年7月4日(土)発売 ¥2,940(税込み)
ZIP-0030 ジパングレーベル http://www.radio-zipangu.com/
※各ライブ会場にて販売予定
[PR]
by shioyagu | 2009-07-04 19:00 | 塩屋音楽会
Serata di quartetto カルテットの夕べ
c0156143_1493035.jpg


手作りの弦楽器を使ったカルテットのコンサート

■日時:2009年7月2日(木) 18:30 open 19:00 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥1,500 当日 ¥2,000 (ワイン付)高校生以下 ¥1,000
■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag
■共催:塩屋音楽会

■弦楽器製作者■■■■■■■■■■

高橋裕太(チェロ製作)
横浜出身クレモナでの弦楽器製作学校を卒業。ジェノバのA・ジョルダーノ氏の工房で工房主任として活躍後、2008年東京の世田谷にItaca Violinを設立する。 現工房では主にチェロ製作、本場ヨーロッパで学んだ知識を生かして楽器と弓の修理、販売を行っている。 

フィリップ・イーレ (バイオリン製作)
ドイツ/シュトットガルト出身、クレモナの弦楽器製作学校を卒業。スイスのW・マーク氏の工房で修理を習得した後、ロンドンのF・レオンハルト氏の工房で活躍している。アンティーク楽器の販売と修復で著名な工房という恵まれた環境の中で彼は17世紀のイタリアのバイオリンを忠実にコピーした新作楽器の製作に力を入れている。

村井知子(ビオラ/バイオリン製作)
神戸、塩屋出身、クレモナの弦楽器製作学校を卒業。大阪の鈴木弦楽器、ジェノバのA・ジョルダーノの工房を経て、現在ロンドンのF・レオンハルト氏の工房で活躍している。アンティーク楽器の修復と調整を行っている。

■カルテット弦楽器奏者■■■■■■■■■■

ギオルギ・バブアゼ(Vn)
グルジア国トリビシ出身。グルジア音楽協会室内管弦楽団の芸術監督及び首席奏者を努める傍らグルジア弦楽4重奏団のメンバーとして活躍。96年大阪シンフォニカー交響楽団のコンサートマイスターとして来日。98年トリビシ弦楽4重奏団を結成。01年関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマイスターに就任。06年にはグルジア国立歌劇場の客演指揮者に就任し、ますますの活躍が期待されている。

チプリアン・マリネスク(Vn)
ルーマニアのブカレスト出身。6歳から18歳までジョルジュ・エネスク音楽学校でヴァイオリンを学び、ルーマニア国立音楽アカデミーを卒業。16歳からソロリサイタルを開催。92年よりルーマニア国立放送管絃楽団のサブ・コンサートマスター。大阪シンフォニカー交響楽団入団。同時にトビリシ弦楽四重奏団結成に参加。04年コンチャルティーノオーケストラを結成。コンサートマスターに就任。08年ハーモニアス室内管弦楽団を結成。コンサートマスターに就任。ソロリサイタル、トビリシ弦楽四重奏、関西フィルハーモニー管弦楽団の客演等、ヨーロッパ各地と日本で幅広く活躍している。

大江のぞみ(Va)
大阪市鶴見区出身。現在も在住。東京芸術大学卒業、大学院修士課程修了。第9回大曲新人音楽祭優秀賞。NHK-FMリサイタル、東京文化会館推薦新人演奏会出演。アルベニス財団の奨学金でスペイン・ソフィア王妃音楽院音楽祭に出演。1996年より4年間、韓国ISM夏期音楽祭講師。98年日本演奏連盟主催リサイタルをいずみホールにて行い好評を博す。オーケストラ・アンサンブル金沢を経てフリーになり、現在、関西フィルハーモニー管弦楽団/首席奏者、オーケストラ・アンサンブル金沢/客演首席奏者、いずみシンフォニエッタ大阪とアンサンブルヴィルトゥオーゾ鴻巣のメンバー。ファーストアルバム『すみれ日和』好評発売中。3人家族、娘が1人。

林裕(cello)
東京芸術大学音楽学部卒。1992年第52回日本演奏連盟新人演奏会で名古屋フィルと共演し盟年大大阪フィルハーモニー交響楽団首席チェロ奏者に就任(〜96年)。同年に開かれた、62回日本音楽コンクールで第1位・黒柳賞を、さらに読売新人音楽賞も受賞し、一躍注目を集めた。これを契機に、ソリストとして活発な演奏活動を展開。協奏曲のソリストとしての起用も数多く国内外びオケと多数共演。中でも、94年朝比奈 隆指揮=大阪フィル定期演奏会における、ドヴォルザーク・チェロ協奏曲の演奏は絶賛を博した。96年アフィニス文化財団及びローム・ミュージックファンデーションの奨学生に選ばれ、ドイツ・フライブルク音楽大学大学院留学、首席終了。99年以後は青山音楽賞、松方ホール音楽大賞、兵庫県芸術奨励賞、名古屋市民芸術祭賞、神戸市文化奨励賞、神戸灘ライオンズ音楽賞などを受賞。チェロを林 良一、堀江 泰氏、三木 敬之、R・フラショ、B・ペルガメンシコフ、C・ヘンケルの各氏に師事。近年はいずみシンフォニエッタ大阪、室内楽ユニット"Opus 1”のメンバーとしての活動も注目されており、一層充実した活動が期待されている。現在、神戸女学院大学、相愛大学非常勤講師。日本チャップリン協会会員
[PR]
by shioyagu | 2009-07-02 19:00 | 塩屋音楽会
手作りアロマクラフト教室 matie(7月)
c0156143_1640812.jpg


初めての方でも簡単に、お好きな香りで楽しめるアロマクラフトを、毎月1回(第1木曜日)開催しています。メニューは月替わりなのでお好きな内容の時に気軽に参加していただけます。

第9回 『デッド・シー・ソルト(死海の塩)のハーブ入浴剤をつくりましょ♪』

イスラエル・死海の塩は通常の海水の30倍もの良質なミネラルが豊富に含まれています。ミネラルには血行を促進し、むくみを解消するデトックス効果があるといわれ美肌効果や冷え症の改善が期待できるので人気があります(個人差はありますのでご了承願います)。ぷかぷか浴槽に可愛いハーブを浮かべながらアロマリラックスしてみませんか? 汗ばむ季節にむけて、バスソルトはさっぱりと毛穴のおそうじもしてくれますよ♪(※写真はイメージ画像です)

■日時:2009年7月2日(木)13:00〜14:00(約1時間)
■費用:2,500円(材料費込・お茶付)
■講師:手作りアロマクラフト教室 matie主宰
    AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

■お問合せ・ご予約:手作りアロマクラフト教室matie
 Tel: 090-4904-2309
 E-mail:aroma@matie-craft.net
 http://matie-craft.net

■場所に関するお問合せ:旧グッゲンハイム邸事務局
 〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3-5-17
 TEL:078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail:guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag/
[PR]
by shioyagu | 2009-07-02 13:00 | 教室