塩屋音楽会 vol.2 シオヤ・セッション
c0156143_1039474.gif


「旧グッゲンハイム邸の塩屋音楽会」神戸の西のはずれ
の海辺の山のふもとの築99年の洋館のちょっといい音楽。 

神戸の西に位置する小さくて妙にローカルな町、塩屋で定期的にコンサートを企画します。海と山と空が近く、漁村、ちっぽけであったかい商店街、丘にへばりつく小道、そして住宅そんな、ちょっとくせのある土地には、やっぱりちょっとくせのある人々が住んでいます。そして、音楽家が多い! その音楽家たちにからめ魅力的なプログラムを組んでいきます。vo.1は8月2日に行われた千野秀一ピアノソロ(fromウィーン)。そして今回のvol.2は、ちょっと濃かったり温かかったりするセッション。

これ以降もvol.3、vol.4と続いていきます。ちなみに、全回、コンサート会場、旧グッゲンハイム邸の裏の長屋の住人によるトランペットだけの超脱力ユニット、ペ・ド・グが華(?)を添えます。ちなみに、旧グッゲンハイム邸のグランドピアノは、昨年惜しまれつつ閉鎖した新世界フェスティバルゲート内・ブリッヂから譲り受けたものです。この機会に塩屋の町の散歩とあわせて、訪れられてみてはいかが。


塩屋音楽会 vol.2 シオヤ・セッション

■日時:2008年9月5日(金) 18:00 open 19:00 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:前売 ¥2,000 当日 ¥2,500 学生 ¥1,500 3回券 ¥4,500

■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL + FAX : 078-220-3924
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

■予約方法:E-mail、FAX、電話のいずれかにて「名前・連絡先・チケットの種類・枚数」をお知らせください。

■出演者■■■■■■■■■■■■■■

 Guitar
97年まで大阪のバンド花電車にギタリストとして在籍、その後4枚のソロCDに加えフェルナンド・カブサッキらとの共演作「十牛図」や、西本さゆり(vo.)とのデュオEttでの3作をリリース。臼井康浩(gt.渋さ知らズ他)とのフリーインプロギターデュオflylineや変拍子プログレ/インプロバンドRYOCHESTRAのメンバーでもある。またHK(放送禁止)歌手アヲヤギツトミとして自作の春歌も弾き語る。Coup(クー)レーベルの中核として他アーティストの作品制作にも携わる。演奏スタイルは常に変化しているが、極力機械に頼らずにライブ演奏することはこの10年間常に心がけている。http://homepage2.nifty.com/g_ust/


ワタンベ Drums + Percussion
トウヤマタケオ楽団や半野喜弘のプロジェクトなど多数で活動する打楽器奏者。自転車で運べるモバイルドラムキットをはじめどんな環境でも演奏できる野性的なプレイに注目。高岡とはパンクバンドBOLSHOIZやインストハードコアデュオBOILERZなど結束。http://homepage2.nifty.com/g_ust/


山本信記 Trumpet
大原裕のブラスバンド「LIVE! LAUGH!」、スカバンド「Hi-Kings」に参加(Hi-Kingsでは、1999年にRico Rodriguezのtour bandをつとめる)。現在、江崎將史(trumpet)と喜多村朋太(organ)とのチェンバースカバンド「popo」や、西川文章率いる「かきつばた」などのバンドを中心に、ソロ演奏やセッション、コンテンポラリーダンスの音楽製作など幅広く活動。塩屋在住。


口八丁 (高岡大祐+森本アリ)もともとは口琴デュオ、今は原子と電子の原始的ぶつかり合い。

○ 森本アリ いろいろ
極めて雑多に音楽を続けた結果、ゲームボーイ、口琴等はそこそこの評判。奇妙な楽器好き、楽器でないものを楽器にするのも好き。ほっこり系爆裂ブラスバンド「三田村管打団!」(トランペット)、牧歌的ローファイ電子デュオ「口八丁」等多岐に渡って活動中。神戸/塩屋の洋館、旧グッゲンハイム邸、企画/管理。 塩屋在住。http://www.geocities.jp/kumacoopdisc/
○ 高岡大祐 Tuba
国内外を旅する即興tuba奏者。参加している/参加していたバンドは数知れず、年間の演奏回数も数知れず。8年間渋さ知らズに在籍し海外ツアーや国内外のロックフェスなど多数出演して06年脱退。tubaの正規の奏法には全く捕らわれず、自由に音を出す。 tuba自体が身体の一部のように操る。小難しくなりがちな即興演奏をエンターテインメントとして表現できる演奏家である。http://www.dareyanen.com/takaoka/


ペ・ド・グ 全日程のオープニングをつとめます。
c0156143_1115283.jpg「旧グッゲンハイム邸」裏の長屋の住人により結成された、脱力トランペット集団。普段は5人から10人程度で演奏。ライブハウスでの演奏から野外、路上、パーティー、結婚披露宴、あらゆるところに主没する。完全素人で上達しないをモットーとするが技術以外で心を打たれる。原田郁子のニューアルバム「ケモノと魔法」参加。全員塩屋在住。

[PR]
by shioyagu | 2008-09-05 19:00 | 塩屋音楽会
<< 塩屋音楽会 vol.3 わんわ... タイ古式ヨガ ルーシーダットン >>