サンティアゴ・ラトーレ、マルコス・フェルナンデス
c0156143_17463017.jpg
c0156143_17464031.jpg


サンティアゴ・ラトーレがバルセロナから繊細な風に浮かび、情熱的な音をヨーロッパから日本に捧げる。

バルセロナ在住のミュージシャン、サンティアゴ・ラトーレの初の日本ツアー。サックス、ヴォイス、ラップトップで繊細な、情熱的な音を作り上げる。マルコス・フェルナンデスはフィールドレコーディング及びアコースティック音源やエレクトロニック音源によるインプロヴィゼーション。


■日時:2009年10月23日(金)19:00 open 19:30 start
■料金:予約/当日ともに ¥2,000
■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag

■共催:塩屋音楽会




サンティアゴ・ラトーレ
サンティアゴ・ラトーレはバルセロナ在住のミュージシャン。サウンドエンジニアでもある。 2005年より自身のプロジェクトである、「循環構造」「包囲するメロディ」「微妙で緻密なテクスチャア」を開始した。トラックにおける緩やかな構築と脱構築には、サックス、アコーディオン、ピアノ、ヴォイス、シンセサイザーの音層が使用されている。デビューアルバム「Órbita 」が、その発現の機会となる。 「Órbita 」のテーマは回転と進化。常に同じ旅だが、絶えず変化している。年を重ねながら、ゆっくりと死んでいく。太陽を回る惑星のように、どのトラックも何度か同じ所に戻って来る。しかし、その度に何かが起きている。そして、1年が過ぎ去っているのだ。
http://www.santiagolatorre.com/
http://www.myspace.com/santiagolatorre

マルコス・フェルナンデス
横浜で生まれたマルコス・フェルナンデスは、カリフォルニアで30年以上、パフォーマー、プロデューサー、キュレイターとして過ごしました。米国、カナダ、メキシコ、香港、日本の各地で、ソロのインプロバイザー、フォノグラファーとして公演し、またパーカッショニスト、サウンドアーティストとしてさまざまなアンサンブル、ダンサー、ビジュアルアーティスト達と共演してきました。フェルナンデスの作品はAccretions、Bake/Staalplaat、Circumvention、IMPRNTBL, Pax、 Pfmentum、Phonography.org、Public Eyesore、Solitary B他から50点以上発表されています。フェルナンデスは、アーティストを主体とするインディーレーベル、Accretionsを共同経営しています。Accretionsは現代の革新的エクスペリメンタリスト達の本拠地となっています。また、南カリフォルニアのクリエイティブな音楽を専門とするTrummerflora Collectiveの創立メンバーです。
http://www.marcosfernandes.com
http://www.soundingthespace.com
http://www.myspace.com/marcosrfernandes
[PR]
by shioyagu | 2009-10-23 19:30 | 塩屋音楽会
<< 千野秀一クインテット 塩屋音楽会 vol.15 三田... >>