塩屋音楽会 vol.14 音遊びの会+大友良英+山本精一
c0156143_16465447.jpg



■日時:2009年6月21日(日)14:00 open 14:30 start
■会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
    〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
■料金:予約 ¥2,000 当日 ¥2,500
    ※ 中高大学生は予約 ¥1,500 当日 ¥2,000
    ※ 小学生以下/介護者無料
    ※ 塩屋音楽会 vol.13 との2日間通し券は¥4,000(限定40枚)

■予約方法:E-mail、FAX、電話のいずれかにて「名前・連絡先・チケットの種類・枚数」をお知らせください。
■予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸事務局
 TEL : 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
 E-mail : guggenheim2007@gmail.com
 http://www.geocities.jp/shioyag


■出演者■■■■■■■■■■■■■■

c0156143_16403746.jpg
音遊びの会
総勢30人にもなる大バンド。元々は知的障害者と即興音楽家の出会いとして始まったワークショッププロジェクトも3年も継続すると信頼も団結も入り乱れる? 子供も大人もお父さんもお母さんもやる気も十分かかってこい。東京・京都・大阪・神戸での公演数々は伝説。初期からの参加者である大友良英は叔父貴的存在。今年8月には叔父貴の展覧会を手伝いに山口への遠征も。新しい社会の形の1つが提示出来てるかもしれない。「音の城」「音の海」「音の公演」「音のピクニック」「音の町」「音の運動会」と重ねてきたコンサート、今回は「音の風」! どんな風? 昼間のコンサートです! 必聴、必見。障害者割引あり、お問い合わせください。


c0156143_16382783.jpg大友良英
1959年生。ONJO、INVISIBLE SONGS、幽閉者等常に複数のバンドを率い、またFilamnet、JoyHeights等数多くのバンドに参加。プロデューサーとしても多くの作品を世に出している。常に同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。ノイズやフィードバックを多用した大音量の作品から、音響の発生そのものに焦点をあてた作品に至るまでその幅は広く、ジャズや歌をテーマにした作品も多い。これまでに50作品以上の映画やテレビドラマのサウンドトラックを手がける映画音楽家としての顔をもち、また近年はサウンドインスタレーションを手がける美術家としての顔も持つ。著書に「MUSICS」(岩波書店)「大友良英のJAMJAM日記」(河出書房)がある。


c0156143_163837100.jpg山本精一
音楽家。1958年、兵庫県尼崎市生まれ。1980年代後半よりBoredomsにギタリストして参加。並行して自身のリーダーバンドである想い出波止場や羅針盤を結成。90年代に入ってからは、電動歯、赤武士、ザ・ハッピー・カウボーイズといったBoredomsのメンバーとの別プロジェクトや、Novo Tono、Rovo、Ya-To-I、Mostといったバンドに参加し、ギタリストとして、あるいはコンポーザーとして中心的な役割を担う。21世紀以降も、TEEM、Para、カオス・ジョッキーなどのプロジェクトを次々と始動。加えて、国内外のミュージシャンとのさまざまなコラボレーション、さらには映画音楽にいたるまで、ソロを含め、多彩な音楽フィールドでジャンル・バスターのごとく活動を展開する。ミニコミやライナーノーツ、音楽誌、文芸誌への寄稿も多く、1999年にはギターマガジン誌に1994年から連載していたエッセイ「ギタバリョー」他を収めた単行本「ギンガ(リットーミュージック)」を上梓。また、自身のCDジャケットのデザイン、イラストも手がけている。
[PR]
by shioyagu | 2009-06-21 14:30 | 塩屋音楽会
<< 手作りアロマクラフト教室 ma... 塩屋音楽会 vol.13 大友... >>